環境保全について

1993年に制定された環境基本法では環境保全について「人の活動による地球全体の温暖化又はオゾン層の破壊の進行、海洋の汚染、野生生物の種の減少、その他の地球の全体又はその広範な部分の環境に影響を及ぼす事態に係る環境の保全」と定義しています。

日本ナチュロックでは

日本ナチュロックが提唱する土木の環境リニューアル・コンクリート・リフォーム工法は、既存構造物を壊さずにその表面をナチュロック製品で覆うことで景観や生態系の回復を図り環境を保全します。ビルの壁面をはじめとする建築物、補強土擁壁やL型擁壁などの垂直型・鋼矢板護岸などの土木構造物が周囲の自然環境と調和し、同時に自然環境の回復を図ることができます。

自然と共存するナチュロック製品

水田に映る富士ナチュロック製品は多孔質な天然溶岩の空隙が微生物の生育を助け、生態系の保護や環境浄化効果を生み出して環境を保全します。植物の自然発生を基本コンセプトにしているので、四季の変化・日向と日陰・北斜面と南斜面など施工した場所の環境に応じて豊かな表情を見せながら自然生態系を回復していくのも大きな特長です。ナチュロック製品を施工するとコケ類や根の浅い植物が適度に成長していくので、メンテナンスにも手間がかかりません。

美しい自然を再び 環境保全製品「ナチュロック」

copyright©naturock All Right Reserved.